東京2020大会競技会場の紹介:有明アリーナ

東京都は、東京2020大会の会場となる有明アリーナを江東区の有明北地区に整備費用約370億円をかけて新設しています。オリンピックではバレーボール、パラリンピックでは車いすバスケットボールがここで行われます。建物は地上5階建てで、仮設を含めて15,000の観客席を備えるメインアリーナに加え、サブアリーナや交流広場も備えた都内最大のアリーナです。

当記事はサイト利用登録者様に提供しています。
記事の続きについては、ログイン後にご覧いただけます。