1964年東京五輪の”見える”レガシーと、2020年東京五輪の”見えない”レガシー ―東京を未来のサステナブル都市へと変化させる、2020年東京五輪の挑戦―

現在、東京都は2020年東京五輪開催に向けて、環境や持続可能性に配慮した都市づくりを進めています。これは、「持続可能な社会の実現」という世界が抱える問題の解決に向けたモデルを示すとともに、東京が未来のサステナブル都市へと変化していくための大きな一歩となることでしょう。2020年東京五輪に向けて進められている取り組みを、日本の高度経済成長の象徴的イベントであり、東京が世界的大都市となるきっかけとなった、1964年東京五輪時の変化と比較しながら見ていきます。

当記事はサイト利用登録者様に提供しています。
記事の続きについては、ログイン後にご覧いただけます。